利用までの流れ

ひかりのにわを利用するにはどうすればいいの?

利用の流れをわかりやすくご紹介します!

受給者証なしの場合

今まで放課後等デイサービスを利用したことがないけれど、利用を検討中だという場合、以下の流れで放課後等デイサービスを利用することができます。


放課後等デイサービスの見学、相談

まずはお気軽にお問い合わせください。
無料見学も実施しております。
必要書類(受給者証申請の際)の説明も併せてご説明しますので、お気軽にご相談ください。

かかりつけ医から診断書をもらう(手帳をお持ちの方は必要ありません)

お住まいの行政の福祉の窓口で受給者証の申請

受給者証とは?
受給者証は福祉サービスを利用するために市町村自治体から交付される証明書です。
ひかりのにわ及び付帯サービスは、児童福祉法や障害者総合支援法に基づいて運営をしておりますので、サービスを受けるためには、通所受給者証(児童福祉法の中の通所サービス用)や障害福祉サービス受給者証(障害者総合支援法の中の福祉サービス用)を取得する必要があります。
お住まいの市町村自治体の窓口に申請し、交付してください。
※療育手帳ではありませんので、お間違えないよう、お願いいたします。

受給者証の発行

利用する事業所が決まっていて、療育手帳か医師の診断書があれば発行手続きが進められます。
受給者証は市区町村の障害福祉課(福祉事務所)が発行します。

ひかりのにわの体験利用(見学)

次の「利用契約」へ進む前に、必ずお子さまにも一緒に、事業所の見学をしていただきます。
(初回見学の際に、お子さまとご一緒にいらした場合は改めて見学する必要はありません。)
お子さまは初めての場所へ行く時、不安になってしまいます。
お母様やお父様と一緒に、一度でも利用前の見学をしているだけでも、初回利用の際のストレスを軽減することができます。
ご理解いただきますよう、お願いいたします。

利用契約

利用契約を交わした日から利用が可能です。
利用契約の際には、しっかりと内容などをご説明させていただきますので、1時間~1時間半程度時間がかかります。

利用開始

受給者証ありの場合

すでに放課後等デイサービスを利用していて2箇所目の放課後等デイサービスの利用を検討中という方の場合には、以下の流れで利用することができます。


放課後等デイサービスの見学、相談

まずはお気軽にお問い合わせください。
無料見学も実施しております。
必要書類の説明も併せてご説明しますので、お気軽にご相談ください。

ひかりのにわの体験利用(見学)

次の「利用契約」へ進む前に、必ずお子さまにも一緒に、事業所の見学をしていただきます。
(初回見学の際に、お子さまとご一緒にいらした場合は改めて見学する必要はありません。)
お子さまは初めての場所へ行く時、不安になってしまいます。
お母様やお父様と一緒に、一度でも利用前の見学をしているだけでも、初回利用の際のストレスを軽減することができます。
ご理解いただきますよう、お願いいたします。

利用契約

利用契約を交わした日から利用が可能です。
利用契約の際には、しっかりと内容などをご説明させていただきますので、1時間~1時間半程度時間がかかります。

利用開始